TAVナンパ体験談【2019年10月16日】

道に立つ男性の足ナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年10月16日のTAVナンパ体験談です。

場所

西中島南方駅付近

時間

12:00〜12:30

今日の課題

20代女性に道だけ聞く(2人)

今日の実績

20代女性に道だけ聞く(2人)

考察

昨日よりラク

昨日は「地蔵→1人道だけ聞く」を何とかクリアしたので、今日は2人。

昨日地蔵してたのが嘘かのようにラクにクリアできた。

1人目をすぐ声かけできたのが大きかったのと、疲れが残っていなかったことも要因としてあるかも。

牛歩だけど、着実に成長して行くために、少しずつの行動を継続する。

真面目な人ほど強気に?

  • 第一声は少し怒ったように声かける。
  • すると、相手は「え、何?」っていう、緊張と混乱の状態になる。
  • そこから和やかな雰囲気や笑いに持っていくことで、通常より高い安心感を感じる(緩和)。
  • ゆえに、魅かれやすくなる(吊り橋効果?)

↑本日の1人目に声をかけた時に、こんな感覚を覚えました。

 

第一声の「すみません」にしても、岡田さんのようにちょっとぶっきらぼうに言った方がテクニック的にいいかも。

これなら、若干気持ちも強く持てる。

特に「真面目な人」ほど強く意識した方が良さそう。

岡田さんが「『自分は最強のナンパ師だ』『おれが声かけてやる』と思え」というのはこれが狙いなのかも。

次の課題

20代女性に道だけ聞く(3人)

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました