TAVナンパ体験談【2019年10月2日】

道に立つ男性の足ナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年10月2日のTAVナンパ体験談です。

場所

ビッグマン広場〜JR大阪駅付近

時間

17:45〜18:30

今日の課題

20代女性に道だけ聞く(8人)

今日の実績

20代女性に道だけ聞く(8人)

考察

「相手や周りの目」より「自分の目標をクリアできるか?」

今までの積み重ねがあると、

  • 今までにみたいに何とか目標を達成したい
  • 今までの積み重ねを無駄にしたくない

という欲の方が強くなってくる。損したくない心理(※)が働くからか?

※参考:wikipedia「プロスペクト理論

 

相手がどうとか、周りがどうとかより「自分が決めた目標を達成したい」という思いの方が強くなっているし、そっちの方がパワーが出る。

 

実際に開始10分で4声かけすることができた。(適当だけど。汗)

「達成することだけ考えてれば、勝手に美人をゲットできる目標」の立て方が肝になってくるかも。

ターゲットを見つけたら間髪入れずに声かけた方がいい

躊躇して怖くなるからというよりは、ターゲットの状態が悪くなって(人混みや店の中に入ってしまうとか)声かけられなくなる→自己嫌悪になる→地蔵するという悪循環が起こる。

パッといかなければならないからこそ、瞬時の観察(共有スペースの決定など)が必要になる。(岡田さんも教材の中で言ってた)

初心者はとにかく声かけの体力をつける

1〜3声かけすると余裕が出てくるが、そこでやっと「どう直そうか?」っていう意識が芽生える。

声かけもいっぱいいっぱいなのにテクニック的なことを直そうとするのはしんどいに決まってる。

焦る気持ちはあるが、今はとにかく声かけの体力をつけることを第一に考える。

次の課題

20代女性なら誰でも良いから9人に道だけ聞く。(10人までやる

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました