TAVナンパ体験談【2019年10月30】あれ?

道に立つ男性の足ナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年10月30日のTAVナンパ体験談です。

場所

NU茶屋町付近

時間

17:30〜18:30

今日の課題

■今日わかった「ナンパの壁となっていること」をつぶした状態で現場に立つ。

■潜在意識を変える行動を継続する。

今日の実績

歩きながらシミュレーション

考察

■今日も声はかけられず。歩きながらシミュレーションを行う。

あれ?

シミュレーションしながら思ったことは、

  • アプローチの言葉が決まってたらいきやすいかも(シミュレーション重要)
  • アプローチするなら「誠実系」か「道聞き」。ロストはまだ早い気がする。
  • 周りの目がなかったらいきやすい(やっぱこれ大きい)

これらからわかるのは、

  • 失敗したらかっこ悪い
  • 周りから笑われたらかっこ悪い
  • 噛んだらかっこ悪い
  • どもったらかっこ悪い
  • 失敗して恥ずかしがってる顔見られたらかっこ悪い
  • 失敗して顔真っ赤にしているところみられたらかっこ悪い

っていう壁を感じているということ。

 

だから、

そう思わない「感情コントロール方法」は?

とか

  • かっこ悪くてもいい
  • 失敗してもいい
  • 周りに馬鹿にされてもいい

と思える「暗示の方法」は?とか考えてたんだけど。

 

あれ、ちょっとまって。

 

なんかこれダサくないか?

こうやって、傷つくことから逃げることが「男らしさ」につながるのか?

 

と思ったわけです。

 

今まで、必死に、

  • 笑われること
  • 侮辱されること
  • 拒絶されること
  • 無視されること
  • バカにされること
  • 年下女性からおちょくられること
  • 下等生物扱いされること
  • 存在を否定されること

を感じない方法、もしくはそうならない方法を考えてきたけど、

それって本当に男らしいのかなーと。

 

これらを逃げずに全部受け止めて、それでも立ち上がっていくのが「男らしさ」なのではないかと。

 

今まで「地蔵」といって声かけられず、どうやったら声かけできるか色々試してきたけど、結局傷つくことから逃げてただけであって。

 

これ、もう逃げらんないんだよ。

ていうか、逃げてたら意味ないのよ。

「男らしさ」を手に入れるには。

 

傷つかなきゃ強くならんのよ。

傷つくことでしか強くならんのよ。

 

だから、もう周りに見られてもいい。

わかった。もう見てていいよ。

ちょっとおれがかっこ悪くなってるとこ見てて。

 

  1. ターゲット発見
  2. 共有スペース観察
  3. アプローチのタイミングきた
  4. 「じゃ、みなさん、今からおれがかっこ悪くなるとこ見てて。笑」
  5. 咳払い(セット)
  6. 声かける
  7. 失敗する
  8. おれかっこわる。笑
  9. 周りを見たわす
  10. 好奇な目で見られる
  11. 孤独感
  12. 傷つく

 

これでいい。

岡田さんもMAXさんも、他の凄腕ナンパ師さんはみんなこれ踏んで来たんだわ。きっと。

だから、何にも動じない「男らしさ」があるんだわ。

 

で、前に挫折したときは、ここから「傷を治す」ことを怠ってたのよ。

ほったらかしにしてた。

自分で自分を「それでよし」と認めてあげられてなかった。

 

だから、今度は傷を癒す方法を用意しておくことが重要。

(映画「ファイトクラブ」のように自分で自分の傷を治す)

筋トレだって、ちゃんとプロテイン飲んで日数空けるでしょ?

ほったらかしで超回復しないまま次の日もまた筋トレしたら、どんどん筋繊維が壊れていくだけ。逆に弱くなる。

 

心の疲れを癒す方法を学んでおいた方が良さそう。

前に読んでた自己受容のトレーニング本が良さそうかも。

 

あと、どうせ声かけるなら成功しやすい方法でやりたいから、TAVのトークスクリプトはちゃんとやっておいた方が良さそう。

 

……とまぁ、殴り書きしたら、ポエムっぽくなりましたが。笑

 

これで地蔵打破できなかったら恥ずかしいな。笑

まぁそんときは笑ってください。

 

また、地蔵打破について考えていくだけです。

潜在意識への働きかけ

昨日の発見を活かして、以下のことをはじめました。

◯家でナンパ音声を流し続ける
→岡田さんの音声(ナンパはいいこと、かっこいいこと、と思える音声)
→福山雅治さんのナンパ音声(かっこいい人がナンパを推奨している)

自分で「プレイリスト」を作って、聞ける環境の時は必ず聞くようにしています。

おもしろいのが、岡田さんや福山さんの話で、たまに心臓が「ヒュンッ」ってなる時があります。笑

やっぱり潜在的に「ナンパ」を受け入れてない部分があるのかもしれないです。

これに慣れてきたら、ちょっとは違うのかも。

次の課題

■とりあえず誠実系のアプローチを頭に入れておく

■「傷ついてOK」の流れを意識して声かけしてみる

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました