TAVナンパ体験談【2019年11月12日】恐怖は小さかった

道に立つ男性の足ナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年11月12日のTAVナンパ体験談です。

場所

津田沼駅(千葉県)

時間

10:30〜10:40

今日の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【10日目】

今日の実績

■誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【10日目クリア】

■結果:笑い反応→デパートに逃げられる。笑

【今日の実績と日付(証拠画像)】

2019年11月12日の実績

考察

■今日も一人に声かけクリア(10日目)

■笑い反応をいくつか取れた。でも、笑いながら申し訳なさそうにデパートに逃げられる。笑

■笑い反応が取れたフレーズ↓

  • 「コーヒーなんか飲んじゃって、優雅ですね。笑」
  • 「ちょっとだけ!ちょっとだけ!自分ちょっとだけお兄さんって言われてるんだ。笑」
  • 「自分も仕事行くところなんですよ。まぁそんなことどうでもいいですよね。」

■「ナンパなんですけど」って言うの忘れた。女性は何だかわかってなかったかも。

「コーヒーカップ=共有スペース」はやっぱり反応が取れやすいのかも。ちょっと反応の仕方が違った。相手のテンションが上がった感じ。

■相手とテンションが合っていなかったかも。おとなしめの女性だったので、もっとトーン落とした方が良かった可能性あり。

■今日の声かけ前は昨日ほど恐怖が少なかった気がする。

■たぶん、恐怖ってその日の体調とかテンションとか疲労具合とかが大きく影響するのだと思う。

■日によってコンディションが違うなら、調子良いときは続けたらいいし、調子悪いと思ったらその日は切り上げればいい。

■「1日1声かけを1ヶ月」が終わったら、そのやり方でいいかも。どっちにしても1日1声かけはやる!

周りに女性が多くても、その目を気にせず自分のやるべきことをやれたのは大きな収穫。

笑い反応でも拒絶反応でも、女性からカードをもらっているのは同じ。だからこっちはどんなの反応でも同じ精神状態でいなければならない。今日で言ったら結果が出ていないことには変わりない。

■でも、今は「1日1声かけ」を死守でいい!

次の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【11日目クリア】

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました