TAVナンパ体験談【2019年11月14日】やっぱり疲れだったか?

道に立つ男性の足ナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年11月14日のTAVナンパ体験談です。

場所

ビッグマン前(阪急梅田駅)

時間

16:00〜16:30

今日の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【12日目】

今日の実績

■誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【12日目クリア】

■結果:笑い反応

【今日の実績と日付(証拠画像)】

2019年11月14日の実績

考察

■今日も一人に声かけクリア(12日目)

■昨日より恐怖が小さく、程よい緊張感という。(少し心臓の鼓動が早い程度)

■今日は休日で1日寝て過ごしたので、「疲れ」がある程度取れていたのが良かったのかもしれない。

■現場でも精神的に落ち着いている感じがした。

■でも、調子に乗るとすぐに疲労する感覚があったので、こういう「疲労回復中」に無理する人が挫折するんだろうなと感じた。

ナンパ地蔵しないためには「疲労(精神肉体どっちも)」とうまく付き合うことが重要だと感じた。

■結果は笑い反応。なぜかまたオファーするの忘れる。

「待ち合わせです」→「僕と?笑」

■多分、疲労で話を続ける気力がないから無意識にオファーしてないんだろうなと思っている。

次の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【13日目クリア】

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました