TAVナンパ体験談【2019年11月25日】過去一楽しい

道に立つ男性の足ナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年11月25日のTAVナンパ体験談です。

場所

駒沢大学駅付近

時間

12:50〜12:55

今日の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【23日目】

今日の実績

■誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【23日目クリア】

■結果:笑い反応&彼氏いるんで

【今日の実績と日付(証拠画像)】

2019年11月25日の実績

考察

■今日も一人に声かけクリア(23日目)

■仕事の関係で大阪から東京に移動。

移動疲れ、場所と時間の変化からか、恐怖がいつもより増えた。しかし、ターゲットを見つけたらスッといけて、地蔵はせず。

地蔵克服中は行動をパターン化した方が、「どこでどうやって声かけしよう」と考えなくていい分、意志力が消耗しなくなるのでやりやすくなるかも。

■恐怖は完全にはなくなっていないものの、減っているのは確か。

■「怖い」よりも、

  • 声かけしなきゃ気持ち悪い
  • 今までの頑張りがもったいない
  • もう地蔵したくない
  • いい加減変わりたい

という気持ちの方が強くて声かけできている感じ。「めんどいけど歯磨きしないと気持ち悪い」のと同じで習慣化ができているのかも。

■結果は「笑い」があったものの「彼氏いるんで」が崩せずバイバイ。

■自然に会話できた。女性を笑わせたときは自分も楽しい。

■地蔵初期は「ナンパを楽しめる時なんか来るのかな?」と疑っていたけど、女性を笑わせたら楽しいわけで。

■つまり、最初は楽しくなくても、自分のナンパスキルが上がれば(できるようになれば)楽めるようになると感じた。

■ナンパは頑張った分だけ(スキルをあげた分だけ)ラクに楽めるようになる。

■そして、ナンパができるようになれば、それ以外の人間関係における会話もラクになるので、人生が楽しくなる。

次の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【24日目クリア】

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました