TAVナンパ体験談【2019年11月5日】昨日よりラク!

道に立つ男性の足ナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年11月5日のTAVナンパ体験談です。

場所

ビッグマン前(阪急梅田駅)

時間

14:00〜14:30

今日の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【3日目】

今日の実績

■誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【3日目クリア】

【今日の実績と日付(証拠画像)】

撮り忘れました。すみません。

考察

■今日も1人クリア。10分くらいで達成できた。

■結果は「ガン無視&冷たい目で見られる」→今はそれでいい!まずは声かけに慣れること。ガン無視対応は後で考えればいい話。

■精神的にも昨日より少しラクに感じた。

現場に入ったらパッといったほうがいい。その方が、長時間声かけできていないストレスに晒されないので、精神が消耗しない。

とにかく「1日1声かけ」を死守!!!

■でも、失敗したとしても、なんかちょっとだけ堂々としてきてる自分がいる。「ナンパしてますが何か?」みたいな。笑

■高揚してるからだと思うが、この「周りを気にしない感覚」が普通になったら人生ラクだなと思った。ノーマルにこう思えるようななれるまで、とにかく「1日1声かけ」。

■自分がかっこいいと思う髪型と服装は大事。多少なりとも自信になる。

■TAVの「ステップ方式=パッと声かけする」は有効なのに間違いはないが、絶対に声かけするという「覚悟」があることが前提になる気がする。

それがなかったら、結局最後に「でもなー」という意識が入る。

次の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【4日目クリア】

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました