TAVナンパ体験談【2019年11月9日】楽しい

道に立つ男性の足ナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年11月9日のTAVナンパ体験談です。

場所

六本木駅

時間

20:45〜21:00

今日の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【7日目】

今日の実績

■誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【7日目クリア】

結果:無視

【今日の実績と日付(証拠画像)】

2019年11月8日の実績

考察

■今日も一人に声かけクリア(7日目)

■仕事の関係で六本木へ。綺麗な子が多くてびっくり。

■改札から地上に上がってきた瞬間に2人のターゲットを発見。すらっとした大人っぽい女性に声かけ。

■誠実系アプローチ。終始笑顔であるも、こちらの言葉には応じない。

でも、「好みだったんで声かけたんですけど。迷惑でした?笑」の言葉で、小さいけど相手の笑いも取れた。これはTAVの誠実系アプローチに収録されていたフレーズ。

■無視は覆せず、「ありがとう」と言ってバイバイ。その時、「ペコっ」とお辞儀をしてくれた。

■この時、

  • 女性はこちらが本当に嫌いで拒絶の態度をとっているわけでもない
  • 綺麗な女性ほど、対応がいい

とうことを垣間見た。

加えて、「頑張ってください」と暗に言ってもらえている気がした。気のせいかもだけど。笑

■これらの出来事によって、「ナンパが完全に拒絶の対象となるものではない」ということを少し理解できた気がする。

■これなら、「ナンパも楽しいな」と少し思えた瞬間だった。

次の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【8日目クリア】

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました