TAVナンパ体験談【2019年12月1日】タイミングが合わず……。

道に立つ男性の足ナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年12月1日のTAVナンパ体験談です。

場所

ビッグマン前(阪急梅田駅)

時間

11:30〜12:30

今日の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【29日目】

今日の実績

■誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【29日目クリア】

■結果:「予定あるんで」を崩せず

【今日の実績と日付(証拠画像)】

2019年12月1日の実績

考察

■今日も一人に声かけクリア(29日目)

■1時間声かけられず、右往左往。

■「人混み」で声かけられるタイミングがつかめずといった感じが多かった。気にせず行けばいい話だが、女性のストレス指数が高まっていて成功率が低いと考えたら行かないのが正解とも取れる。

■地蔵克服時期なら、ダメだとわかっていても声かけるのが大事かもしれない。地蔵するくらいなら。

■ただ、ターゲットと環境がそろったらスッと声かけできたので、完全な地蔵ではなさそう。

■結果は、「予定あるんで」を崩せず。女性と会話が噛み合ってなかった感じがする。テンポと声量の点において。チューニングが合ってなかったという言葉がしっくりくる。

■そこそこ綺麗な女性だったが、こういう人ってやっぱり誠実系がはまらないなーと感じた。誠実系がハマるのは普段持ててなさそうな女性が多い印象。

次の課題

誠実系アプローチ(オファー前提)で1人に声をかける【30日目クリア】

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました