TAVナンパ体験談【2019年12月11日】共有スペースアプローチの全体像

バックパックナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年12月11日のTAVナンパ体験談です。

場所

NU茶屋町付近

時間

14:20〜15:00

今日の課題

共有スペースアプローチで2人に声をかけ(10人目まで)

今日の実績

共有スペースアプローチで2人に声をかけ(10人目まで)

■断り:2人

考察

■声かけ2人。(10人目)

■「これどこで買ったの?メンズある?うそ、作ってよ」の会話カードは、ただ単に切ればいいのではなく、女性のプット、女性のトーンやテンション、その場の雰囲気(流れ)に合わせて切っていくと、自然な会話になりいい感じなることがわかった。

■「ごめん、ちょっといい?これどこで買ったの?」で女性をに「何だろう?」と思わせて「混乱」させる。

■「メンズある?作ってよ」で雰囲気を崩すことで「笑い=安心」を誘う。

■これはいわゆる「緊張と緩和」で、主導権を握り、女性をコントロールすることにつながる。

■これを意図的にできるようになることを目指す。

そのあとは女性にチューニングし、女性のプットに合わせて自然な会話をする。

盛り上がったところで切る感じで他の共有スペースを指摘し、会話を展開させる。

深い話ができるようになったらオファー。

■この流れを今後も意識していく。

次の課題

■共有スペースアプローチで2人に声をかけ(12人目まで)

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました