TAVナンパ体験談【2019年9月24日】

道に立つ男性の足ナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2019年9月24日のTAVナンパ体験談です。

場所

梅田駅構内(ビックマン広場)

時間

17:30〜18:30

今日の課題

20代女性に道だけ聞く(5人)

今日の実績

20代女性に道だけ聞く(5人)

考察

■「失敗するならちゃんと人を選ぼう」と思えた。

■止まってても良いけど、動き出しの時に周りの目線が気になる?(いや、当人に気づかれていないならいいのでは?)

その日の目標だけ追えば、全部自分の問題になる。自分に勝ってクリアできるかどうか。(相手にどう思われるとかは別の問題になる)

■今日は帽子、ハンドバッグを身につけていたが、この格好は反応悪くなるのかもしれない。

■終わった後の無敵感。

慣れるべきは声かけというより「拒絶」なのかも。(拒絶に慣れたら最強)

確実に成長している。(最初は声もかけられなかった)

■拒絶(無視、そっけない)の今の捉え方→「嫌っちゃ嫌だけど、自分の実力だし、これ以上下がることはないから、どうしたら良いのか試行錯誤していこう。目標クリアだけ追っていけば、美女を抱けるのは時間の問題だから今は拒絶されてて良いや。」

次の課題

20代女性なら誰でも良いから6人に道だけ聞く。(1人ずつ増やしていく)

Twitter(今日のツイート)

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました