TAVナンパ体験談【2020年11月4日】LINE交換

マルとバツナンパ体験談

【この記事を書いた人】WAI

ナンパ教材「岡田尚也のTAV」を実践中。
地蔵状態のド素人から女性に困らない男になるまでの成長過程を「実体験」として綴っている。
「折れない心を持つ強い男」「オーラと色気を放つ女性慣れした魅力的な男」になるのが目標。

詳しいプロフィールはこちら

2020年11月4日のTAVナンパ体験談です。

場所

横浜駅

時間

活動時間:19:00~20:00

今日の課題

「自然な声かけ」を意識する

※「持ち物についてちょっと聞きたい」の意識で声かけ
→女性のプットに集中(会話カードが出てくるのを待つ)

考察

LINE交換

自分の準備がまだ甘い気がしたので、3日使って再度準備して、4日ぶりの声かけ。

1人目は無視だったけど、2人目でLINE交換できました。

 

録音した音声聞き直すと、噛んでるし、言葉は詰まってるし、声質は弱いし、適切な返しもできてないし、直すところはたくさんあった。

でも、終始普通に会話することを意識した結果、女性のプットを拾えていたのが良かったのかもしれない。

2週間と3日で準備したこと(会話構成、応酬話法のフレーズなど)が自然と出てきた場面もあったので、ナンパ活動は声かけだけじゃないんだなと感じた。

 

返信ないかもしれないが、とりあえず小さな成功として、自分を讃えたい。

成功に囚われて動けなくなる。

LINE交換したあと、足が止まった。

おそらく、成功に囚われて、失敗に対するハードルが上がってしまった。

また、LINE交換時に頭回したことで疲労したのか、ドッと疲れた。(精神的体力がまだまだ)

 

今までの活動で感じていることだが、結果よりも過程(準備、声かけの試行錯誤など)の方が大事。

成長するときは、結果を出したときより、準備や声かけをしている時間だから。

これは偉人やアスリートの名言なんかを見ていても、みんな同じこと言っているので、これが真理なんだろうなと感じている。

 

結果は確かに嬉しいので、求めていきたいけど、

  • 今抱えている課題
  • できないことを新しく見つけること
  • できることを増やしていくこと

の方を重要視できるように意識していきたい。

できたこと

  • 街に出られた
  • 声かけできた
  • 「自然な声かけ」の感覚が少しわかった
  • プットを拾えた
  • とりあえずLINE交換できた
  • インプットしてたやつを出せた

お読みいただき、ありがとうございました。

WAI

タイトルとURLをコピーしました